暇な中学生のブログ
暇な学生が回りに影響されて作ってみましたww(ぇ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
枯れない向日葵と幻想 プロローグ 1
俺の住んでいるこの町には、枯れない向日葵がある。
向日葵畑の中に存在する。一際大きな向日葵。

この向日葵には、伝説があり、その内容は、こうだ。

―昔、いつまでも、冬が来ても咲き続けた大きな向日葵があった。
その頃の人は、いつまでも行き続ける、長寿の神として拝んだ。
だが、いつからか。その向日葵にお祈りした人は、神隠しに遭ったと言う。
被害は多く。何人もの人が行方不明になった。
人々は、その向日葵を。長寿の神。から一転し、太陽の悪魔。などと呼ぶようになり、ついには焼き尽くし、その向日葵を消滅させた。

そんな、この向日葵に纏わる話。
俺は、この向日葵のことが何か好きだった。
この向日葵の前で、両親が消えたのにもかかわらず、嫌いにはならなかった。


「枯れない向日葵・・・か」

静かに呟いたその言葉。
少しだけ笑いながらも、悲しみに溢れた言葉。
その巨大な向日葵の元の茎にもたれ掛かり、目を閉じる。
まどろみに襲われ、少しずつ意識は薄れていく。
この後に起こる事を想像する事もなく、眠りについた。



                        
                     #枯れない向日葵と幻想#



目が覚めると、いつも見ている向日葵畑が見えた。
心地よい風が体に当たり、まだ寝起きの自分の眠気をまだ誘い出しているように思える。
が、一度起きたのにまた寝ることは無く、目を覚ました青年が目を擦りながら立ち上がる。

そこで、絶句する。
確かに見慣れたはずの向日葵畑。の、はずだった。
が、周りに見えるのは森や山。いくら田舎だろうが、建物1つも見えないのはありえない。
見間違いと思ったが。360度。どこを見ても自然的な物。
人工的に作られたであろう小屋が1つ。向日葵畑の中に佇んでいるだけだった。

「・・・・?」

不思議に思ったが、今見える頼りになりそうなものはその小屋しかない。
その小屋まで歩いていこうと、そう考え、足を動かそうとした瞬間。
背筋が凍った。

「何をしているのかしら?」

何故だろうか?背筋が固まる。
かけられた声が、何かおぞましい何かの泣き声に聞こえる。
そして、後ろを向くどころか、そこから1歩も歩くことも出来ない。
・・・嫌、動くことすら。出来ない。

「・・・少しきつく言い過ぎたわ、あなた、ここで何をしているの?人間の癖に」

少しだけ体の硬直が解ける。
だが、それでも体がおびえているのは事実で、恐ろしいものの、後ろを振り向く。
その時に目に映ったのは、美しい緑の髪。チェックのブラウス。白く、美しい日傘。
背筋も凍る笑みを浮かべた、美少女だった。

「・・・俺は、ただ向日葵畑に居て、少し寝ていただけなんだが」

どうにか声を出す。その言葉に少し驚いた様子で、少女が言う。

「あなた、ここが太陽の畑と知って寝ていたの?」

「太陽の畑?・・・なんだそれ。この畑に名前なんかあったかな・・・?」

少女はその言葉に、こう思う。
人里の人間だとすれば、太陽の畑には妖怪が居る。と言われているはず。
そうすれば、人里の人間ではない。
まだ幼い年なら分からないが、この青年の成りの姿では、好奇心で来る様な馬鹿は居ないはずだ。
それに、この服装。
これは少し前にある店で見た服と同じ様な形だった。
それで、彼女は把握した。
この人間が、外来人。
外の世界から来た人間だと。
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。